鍼って痛いの?

本日は、鍼やお灸についてよくある質問やイメージについて、お話します。


皆さんは鍼灸と聞いて、まず何を思いますか?


特に多いのが、「痛そう」「熱そう」「怖い」です。



では、『鍼って痛いの?』からいきます。


正直な私の答えは、痛い!です。


細いとはいえ、鍼は鍼。刺すときに、チクッとくらいは感じます。

それ以外に、ズシーンとか、ビーンとか表現は人それぞれ様々ですが、鍼をすると、独特な感覚を受ける方も多くいます。

それを痛いと表現する方もいます。

ただこの反応は、痛みや症状があって、それに対して反応が出ているツボに鍼をするからです。


今日は、もう少し深く話します。


東洋の考え方には、虚と実という分け方、補と寫(しゃ)という施術方法があります。

「虚」揉まれて押されて気持ちいい。マッサージされたい。

「実」触られたくない。打撲や捻挫。腫れている。

『補』足りないものを補う。

『寫』余りあるものを取り除く。


単純ではないですが、

「虚」には『補』、「実」には『寫』というイメージです。


さて、話を戻します。


腫れている・触られたくない、「実」のものに対する鍼は、特に痛いと表現する方が多いです。

なぜなら、ツボにもちゃんと反応が出ているからです。

反応が出ているツボに鍼をすると、それに対する反応もしっかり出ます。

なので、痛いと言われるかもしれませんが、的確にそのツボに鍼をしなければなりません。

それをしなければ、その場だけの緩和になってしまい、根本的改善には繋がらないのです。


逆に、身体が求めている「虚」に対する『補』の鍼は、優しくゆっくり刺してあげれば、ほとんど痛みを感じません。

最初のチクッと感はあると思いますが、、、


両者とも刺すときの痛み・反応はありますが、刺し終わってしまえば、ほとんど感じません。

最後に、抜くとき一瞬痛いです。



色々と書きましたが、

症状のある時の施術は、良くなるために多少の痛みを感じる。

メンテナンスの施術になってくるとある程度、痛みなく受けられる。


当院は、痛みを改善する鍼が特徴でもあるので、症状がある時は、短期集中。

落ち着いてきたら、間隔を空けていき、最終的には月1~2回のメンテナンスというような施術計画を提案しています。



最初は、痛いんじゃないかと怖いと思いますが、施術後、あなたの症状は改善されるでしょう。



※痛いという表現には個人差がとてもあります。

例)・痛いから出来れば鍼は嫌だ

  ・痛いけど改善するから我慢できる

  ・ちょっと痛いけど大丈夫

  ・全然痛くない    等々

実際の患者さんに言われた表現の一部です。


※当院の鍼施術・私個人の経験、考えをもとに書いています。他鍼灸院のことはわかりません。



お灸については、次回書きます!