続き(浮腫みケア)

皆さんこんにちは!



さて、前回の続きです。


自宅で出来る浮腫みケアを紹介します。

日中の浮腫みが軽減すれば、夜中のトイレが少なくなることが期待できます。


浮腫みケア

1,足落とし

椅子に座る→膝を曲げたまま足を上げる→上げた足をストンと床に落とす

1回20~30回。1日2~3回。やり過ぎはない。

注意点

・足の裏全体が、床に接するように落とす

・落とした際の衝撃が膝上の方まで響く感覚があればOK

・両足で出来ない人は、片足ずつ


2,足挙げ

壁と向き合い出来るだけおしりを近づけて座り、横になる→そのまま足を壁に立てかける

1回10分~15分。1日2~3回。やり過ぎはない。

注意点

・出来るだけ90度(無理はしない)。

・やっている最中は読書・スマホなど好きなことをしていて大丈夫です。


3,足首回し(指刺激付き)

椅子に座り足を組む→組んだ足と反対の手の指を足の指の間に挟む→同側の手は足首の上、親指がアキレス腱を抑えるようにしっかり押さえる

前回し・後ろ回し30回ずつ。1日2~3回。やり過ぎはない。

注意点

・ゆっくり大きく回す。

・指が痛い場合は指先を挟むなど調節。


以上、やってみてください!


因みに1,3は浮腫みだけでなく、足底や指先を刺激することで、脳の活性化やボケ防止も期待できます!


鍼灸はもちろん、足ツボも色々万能です。


「人生100年時代!」


特に症状が無くても、今後に備えて施術できるのが『東洋医学』です。


鍼が怖い方は、足ツボやお灸。

大丈夫な方はご自身にあった施術を提供します。



100歳を元気に迎えるために今できること、



『東洋医学』



ぜひご検討してみてください!!!!