吸い玉(カッピング)療法

本日は、吸い玉・吸角・カッピングなど

色々と呼び名がある療法の紹介です。



まず、おすすめしたい方。

・慢性的な強いコリや痛みがある

・お医者さんにマッサージを禁止されてる

・鍼が怖い、苦手

・マッサージが苦手、くすぐったい

・瘀血(おけつ)がある

・ぎっくり腰など急性痛    など


吸い玉ってどんなもの?どんな施術??

当院では、今主流のプラスチックの機械で吸引するものではなく、ガラス玉を使ってます。何が良いかと言うと、吸われた時の感じ!

例えるなら、良いグラスとプラスチックのコップの口当たりの違いみたいな感じですかね~、、、

あと吸われた時のピリピリとした痛みは感じにくいです。

欠点は、ガラスなので少し重たいくらいです。


さて、悪い所、凝り固まっているところには瘀血も溜まっているでしょう。

吸い玉を使って、その瘀血(何らかの原因で気血が傷害され流れが悪くなり、停滞し溜まってしまった悪い気血)を吸い上げ、血流を良くし、瘀血を流します。

その結果、症状が改善し、楽になります。

さらに、吸い玉をすると自分の疲れ具合、循環の悪さ、瘀血の有無など、自分自身の健康状態を知ることも出来ます。


上の写真では、左下の所が他と比べて、少し紫色に見えると思います。この患者さんはそこの気血の流れが悪いと考えられ、次の施術の参考になります。

患者さんの身体の状態によって、色の出方は異なります。


この写真を見て、アザっぽくなってるけど大丈夫??と思う方いると思います。

施術としては問題ありません。ケガによるアザと違って、痛みが出ることはありません。

血流が良くなって、痒いという方は多いかもしれません。

紫色になった部分も、日が経つにつれ薄くなっていき、約1週間程でキレイに消えます。


そして、特に女性の方は注意!!!(男性もですが)

この吸い玉、首にもやります。服装によっては、見えてしまいます,,,予定がある方や見えるのは恥ずかしいという方は、施術前に必ずご相談ください。


最後に、吸い玉にはマッサージ効果も期待できますが、マッサージとは違った気持ち良さが味わえるでしょう。

病みつきになる患者さん多いです。

私も吸い玉好きです。ただ、自分でガラス玉は出来ないのでプラスチックで我慢してやってます、、、笑



ぜひお試しあれ~!!!