『気』とは???

皆さんこんにちは!



本日は、東洋医学の不思議『気』についてです。


不思議というか、よく分からない・理解できにくい部分ですかね、、、



しかし、日本語の中にも「気」を使う言葉は数多くあります。


「気が利く」「気のせい」「殺気」「空気」「雰囲気」「気心」「気分」「勇気」「元気」「気絶」「気配」「覇気」「不気味」などなど、あげたらきりがありません。


日常の様々な場面で使われる言葉ですが、どれもこれといった形などはなく、物事の様子や状態・感じたことを表す言葉に多く使われますね。



さて、そんな「気」はどこから始まったのか?


それは、ずーっとさかのぼって「混沌」の世界から…何もない混沌とした広がりから「気」は生じたとされています。


その気が陽気(天)と陰気(地)に分かれ、この二つの気から四季が生じ、さらに人を含めた万物が生じたとされています。


何を言ってるかちんぷんかんぷんですよねー。


ざっくり言うと、気の思想というのは、今あるものすべて「気」からなっているということですかね。


目に見えるものではないし、始まりや思想などは特に馴染みが無いので、分かりにくいと思います。



気功などを行う人で、見えるという人もいますが、私は見えません。



と、ここまでごちゃごちゃ書きましたが、「気」を信じる信じないは個人の自由です。




ただ、東洋医学で施術を行っていくうえで、「気」の調和は必要不可欠です。


なので、施術を受ける際は、ご自身の身体としっかりと向き合って受けてください。


当院に通ってくださる患者さんの反応でよく聞く声は「何か変わった気がする」「何か良い感じ」というような言葉です。


ちゃんと自分の痛みや不調と向き合っているからこそ、鍼をした後の変化に気付けるのだと思います。


特に当院では、痛みに対して患部に刺さずに施術を行います。さらに、刺してすぐ「どうですか?」と聞きます。


鍼をして、滞っていた気が動き出すと『何となくの変化』が起こると思っています。


そして、それはとっても大切な反応で感じることが出来れば、施術後の身体は良い方向に向かうと思います。



私は「気」は存在はするけど見えない、感じるものなのだと考えています。


だから物事の様子や感じを表す言葉が多いのかな~と!



ではでは、施術が必要な方もそうでない方も、日常の身体の変化としっかりと向き合い対応(生活習慣・食事など)してみてください。


そして、結果まで観察してみてください。




余談ですが、、、


気を使った漫画って多いですよね~

チャクラとかオーラとか覇気とかとか。。。

あとドラゴン〇ールとかもそうですね~


漫画家の先生ってこういうの書く時、多少調べたり勉強したりするのかな~?